少年サッカーで使える3つのファーストタッチの練習方法

少年サッカーに限らずに、サッカーをするにあたっては、ファーストタッチに注意することが重要になります。

ファーストタッチとは、パスを受けた時に、自分が触る最初のボールタッチの事を言い、これを上手くすることができるかどうかによって、次のプレーにも余裕が生まれたり、自身を持ってプレーすることができるようになるのです。

一番気にすること

試合に入った時に、一番最初にボールを触る時には、慎重に行うべきです。

ファーストタッチが上手くいけば、一試合を通しても調子良くプレーすることができるものです。

そして、全てのプレーにおいてのファーストタッチも、とても重要なものになってきます。

ボールを受ける時に、ファーストタッチで思った場所にボールを置けるかどうかは、次のプレーを選択する際に余裕が生まれたり、幅が広がっていきますので、重要なことになってきます。

ファーストタッチの練習

ファーストタッチを意識した練習というのは、どんな時にでもできるものです。

もちろん、それに特化した練習もありますが、普段のボールの蹴り合いの中でもトラップをするときのファーストタッチを意識するだけでも十分に変わってくるのです。

少年サッカーの年代だからこそ、このような意識をしっかりと持つことで身につくことも変わってくるのです。

①グラウンダーのボールの処理

まずは、グラウンダーのボール処理をするときの練習方法です。

二人一組でパスを出してもらって、それをトラップします。

この時にファーストタッチでボールを少し前に出して、次のステップで踏み込んですぐに蹴れるような場所にトラップすることで、素早くパスを出すことができるようになります。

グラウンドに足で簡単な円を描いて、そこから出ないようにトラップをして、すぐにパスを出す練習をすることで、自分がパスを出しやすい場所へトラップする練習をすることができます。

②浮き球の処理

浮き球の処理というのは、グラウンダーよりも難しいですし、選択肢が増えるので状況をきちんと判断することが大切になってきます。

ファーストタッチで様々なことができますので、浮かしたまま次のプレーを選択するのか、ファーストタッチでボールを落ち着かせるのか、そのままダイレクトでつなぐのかという判断をすることが重要になります。

ボールを抑える時には、グラウンダーと同じようにファーストタッチでボールを抑える必要がありますので、二人一組の状態でボールを蹴り合うことで浮き球の処理の練習をすることができます。

③反転の練習

サッカーでは、前からきたボールを前へトラップすることは少ないですし、ポジションによっては大抵後ろ向きで受けて前に反転する必要が出てきます。

そのための練習としては、3人1組になって1列に並び、真ん中の選手がトラップの練習をします。

その際に、ボールを出された方と反対方向へファーストタッチで向き直すことが大事になってきます。

この練習によって、ハーフなどで、ボールをもらって一度で反転する技術を身に付けて行くのです。

少年サッカーの年代から、このような練習を繰り返すことで、体が自然とファーストタッチを大事にするようになっていきますので、よりプレーの幅が広がっていくのです。

プレーの幅が広がる

サッカーにおいては、一つのことしかできなければ、その選手の能力はそこまでになってしまいます。

選手として、幅を広げていくには、余裕をもってプレーできることが重要になってくるのです。

そのためには、少年サッカーの頃から周りの状況を見極める能力や、ファーストタッチを大事にする気持ちを持ち続けることが上達への近道とも言えます。







失敗しないサッカー上達教材の選び方のご案内
試合で大活躍したい!」と思い毎日一生懸命練習している方や上達させたいと思う指導者や先生、親御さんに絶対に後悔しないオススメできるサッカー上達教材をランキング形式で紹介します。
教材通りに正しい練習法を実践すれば自己流で練習している人より最短距離で早く上達できます。よかったら試してみてください。

サッカー上達人気(DVD)教材ランキング