少年サッカーで感じる運動神経を鍛える2つのトレーニング

少年サッカーを教える上で重要になってくるのは、テクニックや体力面はもちろんですが、成長期の子供たちをトレーニングするというという意味で運動神経そのものを鍛えるようにしてあげることが重要になってきます。

少年サッカーの年代であれば、体の様々な機能が発達途中でありますので、運動神経そのものを刺激するようなトレーニングをしてあげることによって、サッカーにおけるあらゆる技術に対しての能力を鍛えることにつながってきます。

また、サッカーだけではなく、運動能力といった面だけでもその能力を向上させる絶好の時期であると考えることができるのです。

スポンサーリンク
-victory.comレクタングル大

開く

少年サッカーで大事なトレーニング

少年サッカーで大事なトレーニングとしては、ボールをじっくりと触って、ボールに触れる感覚をしっかりと養うことが重要になってきます。

しかし、それだけではなく身体能力という意味の運動神経を鍛えるようなトレーニングを行っていくことも重要なポイントと言えるのです。

少年サッカーの年代であれば、まだまだ運動神経を鍛えてあげることで色々な動きができるようになってくるはずです。

この時期に細かな運動神経を刺激してあげるような動きをトレーニングの中に組み込むことで、体が急激な方向転換であったり、動きにくい形であっても、スムーズに動かすことができるようになっていきます。

運動神経を鍛える

運動神経を鍛えるということは、どのような事かわかりずらい部分でもあります。

これは、ボールを触る技術のような部分ではなく、体の使い方という面になってきます。

例えば、体を固定したままで足先だけのプレーを選択するのか、それとも体を自然と動かしやすい方向へ向けてプレーをするのかと言ったことは、言葉にして伝えることもできますが、少年サッカーのような時代であれば、遊びながらでも自然とやり易い方法を模索するものなのです。

このような細かなことができるように、運動神経に刺激を与えるようなトレーニングを取り入れていくことが重要になってきます。

①ラダートレーニング

ラダートレーニングは、細かな神経に反応を与えていくのに適したトレーニングになっています。

梯子のようなものを地面に置いたり、土のグラウンドであれば、足で書くことでも準備ができます。

そして、その中の一つ一つのマスをきちんと跨いでいくように、色々なステップを行っていくのです。

これによって、体は細かなステップの踏み方を覚えていきますし、自然とできるようになれば、とっさの時でもステップが踏めるようになります。

②サーキットトレーニング

もう一つの方法としては、サーキットトレーニングがあります。

こちらは、体力トレーニングの一環であることが多いですが、コース内にジャンプであったり、ジグザグダッシュなど、色々な細かいメニューを儲けることによって、様々な場所の筋肉や神経に一気に刺激を与えることができるようになっています。

フィジカルトレーニングをしながらも、こういった細かな筋肉を動かし運動神経を刺激するようなトレーニングを入れることで、少年サッカーの頃には、体の動きそのものが変わってくるのです。

細かな筋肉を動かす練習

少年サッカーの頃に運動神経を鍛えてあげるような練習をすることは、その後の練習メニューにおいて様々な体の使い方をする時に、有効に働いてくるはずです。

しかし、このような動きをしたからといって必ず運動神経が良くなるという保証はどこにもなく、脳と筋肉をつなぐ運動神経は、色々な動きを取り入れることによって発達してくると考えられます。

そのために、少年サッカーで最も有効だと考えられるのが、ラダーやサーキットトレーニングによる細部の筋肉まで細かく動かす意識を持たせることが重要になってくるのです。

スポンサーリンク
-victory.comレクタングル大

-victory.comレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする