サッカーのチップキックの簡単な練習方法

サッカーという競技は簡単に言えば、手を使わずに相手のゴールにボールを入れれば問題ないわけです。

しかし、そのためにドリブルをしたりパスをしたりして相手をかわす必要があります。

そして、キック1つをとっても様々な蹴り方があるのでそれを考えていきます。

スポンサーリンク
-victory.comレクタングル大

開く

サッカーにおけるキックの種類

サッカーにおいてボールを蹴る技術がなければ、楽しむことも勝負に徹することもできません。

蹴り方も、インサイドキック、アウトサイドキック、インステップキックなど沢山の方法がありますが、その中でもチップキックについて考えてみます。

チップキックというのは、爪先でボールの下をこするように蹴る方法です。

この蹴り方は長い距離を蹴るには向いていません。

しかし、高さを出すことができて、近くに落とすことができる球筋と言えます。

最も分かりやすい例がループシュートです。

ゴールまでの距離が近く、かつキーパーが前に出てきているのでその上を通せば得点になりますが、おもいっきりケルトゴール外に出てしまう恐れがあります。

このような時にチップキックが有効なのです。

チップキックが上手くなるには

チップキックのイメージは簡単に掴めても、思った通りに蹴るのはなかなか難しいものです。

そこで、上手くなるための練習方法として段階的に行っていくのが効果的です。

最初の練習方法はコーンを並べてそれを越えるように蹴ります。

コーンは人の腰くらいの位置ですが、蹴り方を身に付けるには効果的です。

それが出来れば次の練習方法として人を立たせてそれを越えるか、サッカーゴールの前にミニゴールを建ててそれを越えてゴールに入れる練習をします。

ここまでくれば高さを出して蹴ることはできますので、後はコントロールを養うことが大事になります。

最後はこのステップをドリブルしながら行うことです。

これはほぼ実践に近い形なのでここまでくれば試合でも十分試すことができます。

まとめ

サッカーは単純なスポーツですが、得点を取るために色々な技術を身に付け、チーム戦術を全員で理解し合う必要が出てきます。

チップキックをマスターするような個人能力を高める練習方法は自分で工夫することで無限に考えることができます。

そして、個人の能力を高めることで、とっさの場面での様々な打開力ができたり、アイディアを実現することができるようになるのです。

チップキックはそんな個人の能力のひとつなので身に付けておけば試合中にきっと役立てて自分やチームを助けることができるはずです。

スポンサーリンク
-victory.comレクタングル大

-victory.comレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする