少年サッカーにおける練習メニューで大事なボールタッチ3選

少年サッカーを始めた時に大事になってくるのがボールタッチの感覚を掴むということです。

ボールにどのように触れることでどんな動きをするのか、自分の力加減だとどのようにすれば思ったように動かすことができるのかを感覚で覚えるために大切なのがボールタッチになってきます。

そんなボールタッチの感覚を掴むための練習メニューというものはいくつもあります。

それらを組み合わせて、楽しく行ったり、マンネリ化を防ぐようにして、継続的に練習を繰り返していくことが大切なことになってきます。

少年サッカーで大事な練習

少年サッカーで大切な練習メニューは技術力を磨くことになってきます。

少年サッカーの年代であるからこそ、吸収力が早いので様々な技術にチャレンジしていくことが重要になってきます。

遊ばせながらでも技術は身につきますが、効果的なボールタッチなど、細かなポイントをこの時に抑えながら練習することでよりしっかりと身に付けることができます。

そのために大切なことが練習メニューの作成であります。

ボールタッチを大切にするような練習メニューを組んであげることで、よりしっかりとした技術が身につくのです。

ボールタッチの練習

少年サッカーでは、繰り返しボールタッチの練習を行うことで自然と足元のボールが思ったように操れるようになってきます。

そのためには何度も反復して練習することが大切なのです。

①その場で行うボールタッチ

まずは、ボールに触れることを主として、その場で良いので自分が思ったようにボールを転がすことができるようになることが大切です。

そのためには、ボールを足元において、ボールの上を舐めるように前から後ろ、右から左へと転がします。

また、両足のインサイドでステップを踏むようなタッチを入れたりすることも重要になってきます。

②ドリブルで練習

簡単なその場でのボールタッチができるようになってくれば、次はゆっくりとしたドリブルの中でフェイントを入れたり、右足と左足を使って移動したりと色々なタッチを取り込んでいくことが重要になってきます。

自分の足の長さや、触ることのできる範囲、そして、自由に扱える範囲は人によって違ってくるので、これをボールタッチをしながら学ぶことが大切な要素と言えるのです。

③楽しみながら練習

これまでは、ドリブルなど個人でボールタッチを磨く練習メニューでした。

しかし、どんな練習メニューにおいても少年サッカーにとって大事なことは楽しみながら上手くなることができるのかということになってきます。

そのためには練習メニューを改善してあげることが重要です。

ボールタッチにしても、複数の人間が狭いスペース内で自由に動くことでそれぞれの選手が障害物になりますが、動く障害物ですので、それを避けるためにはボールタッチも、判断力も全てが必要になるので、楽しみながらボールタッチを磨いていくことができるのです。

ボールタッチの重要性

ずっとボールタッチについて考えてきましたが、それほどにボールタッチというのはサッカーにとって重要な要素であるのです。

自由にボールを触ることができれば、ボールを見る時間が減ります。

そうなることで、周りを見る時間が増えたり、余裕が生まれるようになってきます。

自分がボールを持った時に余裕ができればプレーの幅が広がりますので、選択肢が増えて自由にプレーすることができるようになってきます。







失敗しないサッカー上達教材の選び方のご案内
試合で大活躍したい!」と思い毎日一生懸命練習している方や上達させたいと思う指導者や先生、親御さんに絶対に後悔しないオススメできるサッカー上達教材をランキング形式で紹介します。
教材通りに正しい練習法を実践すれば自己流で練習している人より最短距離で早く上達できます。よかったら試してみてください。

サッカー上達人気(DVD)教材ランキング