少年サッカーのドリブルフェイントを磨く3つのトレーニング

少年サッカーの頃には、多くの技術を学ぶべきであります。

体が沢山のことを吸収できる時期なので、基礎練習を中心にたくさんの技術を吸収することができるからです。

その中で、ドリブルフェイントも習得すべき技術の一つになってきます。

ドリブルフェイントは、色々なトレーニングをしていくことで自分なりのやりやすいフェイントを見つけていくことができるようになるのです。

ドリブルで有効なフェイント

ドリブルをする時に相手をかわしていくために有効な方法として、フェイントがあります。

ドリブルフェイントは、いろいろな種類のものがあり、決まった形は存在しません。

ですから自分が使いやすいものを極めたり、いくつも引き出しを持っておくことで相手を幻惑することができるようになるのです。

そういったドリブルフェイントをトレーニングで学ぶことも重要ですが、少年サッカーの頃に友達と遊びながら数多くのフェイントを実践的に試してみることで、体に染み込んでいき色々なフェイントをマスターすることができるようになってきます。

フェイントを磨くトレーニング

サッカーにおけるドリブルフェイントを磨くためには、様々な基礎技術から段階を踏んでスキルアップしていく必要があります。

トレーニングによって、ボールタッチの感覚を養っていくことで、様々なドリブルフェイントを使えるようになっていくからです。

ですから、少年サッカーの頃から何度も練習によってフェイントを試していくことが重要になってきます。

①ボールタッチを養う

ボールタッチの感覚を養うことは、ドリブルフェイントのためだけでなく、全てのサッカーの技術において必要不可欠になります。

ドリブルフェイントをするときには、尚更、ボールを自分の感覚で扱えることが重要になりますから、ボールタッチを繰り返しトレーニングすることが大事になるのです。

方法としては、止まったボールを足で嘗めるように転がしたり、その場で小さなドリブルフェイントを入れながらボールの軌道を変えるようなトレーニングを行うことです。

②コーンを避けながらフェイントを使う

ドリブルフェイントを養っていくための効果的なトレーニング方法として、コーンを並べてスラロームの練習をします。

ただし、コーンは2列に互い違いに置くようにして、そのコーンに向かってドリブルをしていきます。

コーンの手前でフェイントをかけ、コーンの前で方角を変えて次のコーンに向かって進んでいくのです。

これによって、相手ディフェンスと自分の間合いを知り、どのあたりの距離でフェイントを仕掛けることで次の動きがしやすいのか、また次の動きを仕掛けられるのかを学んでいきます。

そして、自分が仕掛けることの出来るフェイントの使い方を学ぶことができるのです。

③対人プレーで間合いを知る

少年サッカーの頃にどんどんドリブルのトレーニングを対人によって行うことが上達の秘訣になります。

ドリブルフェイントをマスターしていくには足元のボールタッチが必要不可欠ですが、足元の技術だけでは相手ディフェンスをかわすことはできません。

相手がいると相手の動きがありますので、それを利用して逆をつくことが不可欠ですし、相手の間合いというものを知らなければいけません。

ドリブルフェイントは、抜こうとする相手から遠すぎても近すぎても効果を発揮しませんから、相手が食いつくような間合いでフェイントを仕掛けることが重要になってきます。

そのためには対人のトレーニングを繰り返すことで間合いを知ることが重要になってきます。

繰り返し練習すること

ドリブルフェイントは、何度も繰り返し練習をしていかないと身につくものではありません。

自分で行うボールタッチのようなトレーニングから、相手を置いて実践的な対人のトレーニングを行ったり、多くの方法でドリブルフェイントを習得していかなければ実際に試合で活用することは難しくなります。

繰り返しフェイントのトレーニングを重ね、自分の間合いを覚え、感覚を覚えることで試合中に相手と対面した時にとっさに自分の得意なフェイントを出したり、新しく練習しているフェイントを使うことができるようになるのです。

多くの技術と一緒で、何度も繰り返し練習することが上達への近道であり、より難しいフェイントを繰り出すことができるようになっていくのです。







失敗しないサッカー上達教材の選び方のご案内
試合で大活躍したい!」と思い毎日一生懸命練習している方や上達させたいと思う指導者や先生、親御さんに絶対に後悔しないオススメできるサッカー上達教材をランキング形式で紹介します。
教材通りに正しい練習法を実践すれば自己流で練習している人より最短距離で早く上達できます。よかったら試してみてください。

サッカー上達人気(DVD)教材ランキング