少年サッカーで必ず実践すべき5つの基礎練習

少年サッカーでは基礎練習を反復して行うことできっちりと身に付いてきます。

しかし、その内容をしっかりと理解しながら練習をするか、ただボールを蹴ったりトラップしているだけではその身に付き方や試合での生かし方が違ってきます。

基礎練習はサッカーだけでなく、どのようなスポーツにおいても必要不可欠なものですが、この基礎練習を少年サッカーの頃にしっかりと体に身に付けておくことはどのような練習よりも大切な事になってきます。

少年サッカーで行うべき基礎

サッカーにはキック、トラップ、ドリブルと様々な技術が必要になってきますが、どれを行っていくにも、まずはボールを思うように触ることができなければいけません。

少年サッカーでは、物事の覚えが早い時期でありますし、短い練習でも多くの技術が身に付く時期でもありますから、基礎的な練習を楽しくやれる工夫をして何度も体に覚えさせることが大切です。

5つの基礎練習

サッカーにはいくつもの基礎的な練習を繰り返すことで体が自然とボールに反応するようになってきます。

そのために心がけたい練習を5つ考えます。

①インサイドキック

まずはインサイドキックです。

インサイドキックは足の内側を面にしてゴルフのパターのように蹴りますが、軸足を蹴りたい方向に向けることが大切です。

ショートパスを繋ぐときに有効ですので、相手のどちら足を狙うのか、きちんと狙いをもってインサイドキックを蹴ることが上達の秘訣と言えます。

②インサイドボレー

相手にボールを投げてもらいそれをインサイドのボレーで相手に返す練習です。

これを行えばミートのポイントを掴むことができます。

インサイドのミートはダイレクトボレーの時には当然役立ちますし、トラップの時はそのポイントで力を抜いたり、場所をちょっと変えるだけでできますので、当てる場所を掴むことは大事なことなのです。

③インステップボレー

インサイドボレーと同じようにインステップボレーの練習も基礎的なものになってきます。

インステップボレーなどは思いっきり蹴りたくなるものですが、ミートを意識するだけで充分しっかりとしたキックを蹴ることができますので、そのための練習になってきます。

④胸トラップ

足元のトラップはキックと同じ状況で学んでいくこともできますが、胸のトラップというのはなかなかできないものです。

ですから、手で投げたボールを胸トラップする練習は必要になってきます。

胸トラップも勢いを殺したり、あえて浮かしてみたり、吸い付くようにトラップしたりと色々とやり方がありますので、ただ胸に当てるだけではないことを理解させてあげることが大切な練習となってきます。

⑤ヘディング

ヘディングもいきなり蹴ったボールをヘディングすることはできません。

ですから相手が投げてくれたボールときちんとおでこに当てる練習から始めます。

そして、ヘディングも正面に返すだけではなく、右に飛ばしたり、左に飛ばしたりする練習もしていくことで少しずつヘディングのバリエーションも増えてきます。

プロでも行う基礎練習

少年サッカーでは基礎練習をしっかりと行っていくことは何よりも大切なことになってきます。

それは、レベルが高くなればなるほどに、基礎がきちんとできていない選手はついていくことができなくなってくるからです。

つまり、プロになっても、世界の一流選手でも基礎練習はしっかりと行っているので、自分のレベルを上げたいのであれば、少年サッカーの頃からの基礎練習に勝るものはないということを教えながら練習に取り組ませることが何よりも大事になってきます。







失敗しないサッカー上達教材の選び方のご案内
試合で大活躍したい!」と思い毎日一生懸命練習している方や上達させたいと思う指導者や先生、親御さんに絶対に後悔しないオススメできるサッカー上達教材をランキング形式で紹介します。
教材通りに正しい練習法を実践すれば自己流で練習している人より最短距離で早く上達できます。よかったら試してみてください。

サッカー上達人気(DVD)教材ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする