少年サッカー親の心得として伸びる時期に大事な2点

少年サッカー親の心得として難しいのが、子供が伸び悩んでいる時にどのような手助けをしてあげるのかということになってきます。

子供のサッカー選手としての力が伸びる時期に、あまりアドバイスをしすぎてもせっかくの自主性をなくしてしまいます。

しかし、少年サッカーの時期であるからこそたくさんのことを習得しやすいので、損のないように時間を使うようなアドバイスはしてあげるべきであります。

効果的なアドバイスをすることで、何倍も上達する速度が違ってきます。

子供の頃には多くのことを学べますので、それを生かすべきであるのです。

しっかりとした技術力を身につけることが、今後の選手のためになっていくからです。

親が考えること

少年サッカー親の心得としては、伸びる時期にどのように声をかけてあげるかということになってきます。

それに対して最も重要なことは、子供のやる気を削がずに頑張る力を伸ばしてあげることであります。

少年サッカー親の心得としてだけではなく、通常の親の心得としても伸びる時期には、適度なアドバイスと子供のやる気をしっかりと持ち上げてあげることが重要になってくるのです。

やる気のある時は、何も言わなくても積極的に物事に取り組むはずです。

そこで的確に、効率良く技術を学んだり、面白く学べる方法を差し出してあげれば、いくらでも自分の力で伸ばして行くことができます。

技術が伸びる時に気にすべきこと

技術が伸びるような時期に少年サッカーの親の心得としては、あれこれ細かいことを教え込もうとしないことです。

どうすれば効率良くボールを触ることができるのか、相手に取られにくいのか、そういったことを簡単に教えてあげることで子供が自主的にサッカーの技術を伸ばしていこうと努力することが、一番重要なことになってきます。

大人でありサッカーをしていた人であれば、なおさら色々と教え込みたくなりますが、それでは子供は萎縮して逆に自由な発想を持つことができなくなってしまうのです。

①自主性を重んじる

自主性を重んじることはとても重要なことです。

少年サッカーの親の心得として、子供が伸びる時期に色々と話しかけることは、マイナスになることもあります。

自分で考え次の打開策を見つけることは、サッカーにとって何よりも重要なことになってくるのです。

試合中は、自分で考え、判断し、選択してプレーしなければいけません。

そこには責任感も伴いますし、プレーの質を高めミスが起こりにくいようにすることが重要になってきます。

そのためには、自主的に何かを考える力を養わなければなりません。

子供が伸びるような時期にあっても、そういった時に自分で考え前向きに取り組む姿勢を伸ばしてあげることこそ、少年サッカーの親の心得として大切なことになってくるのです。

②さりげないアドバイス

少年サッカー親の心得として、伸びる時期に重要なことは、サッカーをしていた親であるほど、またサッカーが好きで色々な知識がある親であるほどに、多くのことを教えたいと思ってしまうものです。

しかし、そのように多くのことを教え込まれると、子供はやりたいことができずにサッカーそのものや練習を嫌になってしまうことも考えられます。

そのようにならないために、さりげないアドバイスが少年サッカー親の心得として重要になってくるのです。

アドバイスをするにしても、何か悩んでいることを察し、その助けになる程度のアドバイスを行えば自分で考える力をつけ対処していくことができるはずだからです。

自主性を伸ばしてあげること

少年サッカー親の心得として最も大事なことは、サッカー選手として育てることも大切な要素かもしれませんが、技術や体力が伸びる時期にあまり多くのことに声をかけるべきではないと考えます。

子供の頃こそ様々な物事で伸びる時期がありますので、そう言った時に自主性を重んじて、自分で悩み、考え、そして打開策を見つける力がついていくのです。

サッカー選手として伸びる時期には、色々と教え込みたいと考えることもあるかもしれませんが、自主的に悩み、考え、挑戦していくことでサッカー選手としてもより大きく一皮も二皮も剥けた存在になっていくはずです。

そのための親の心得としては、少し気持ちを抑えるくらいでもいいのかもしれません。







失敗しないサッカー上達教材の選び方のご案内
試合で大活躍したい!」と思い毎日一生懸命練習している方や上達させたいと思う指導者や先生、親御さんに絶対に後悔しないオススメできるサッカー上達教材をランキング形式で紹介します。
教材通りに正しい練習法を実践すれば自己流で練習している人より最短距離で早く上達できます。よかったら試してみてください。

サッカー上達人気(DVD)教材ランキング