少年サッカー上手な子が持っている2つの特徴

少年サッカー上手な子が持っている特徴というものがあります。

少年サッカー上手な子は雰囲気だけでもその技術を感じることができますが、少年サッカー上手な子というのは周りとは少し技術力が違っています。

子供なのに周りをしっかりと見回すことができたり、ドリブルで仕掛けていくだけではなくパスを選択したり、周りの状況を読んでチームを動かすことができるような選手です。

個人の力だけで勝負する子はたまに見かけますが、それでも身体能力を前面に出すタイプが多いです。

それは、成長の過程でその子がより早く体ができてきているだけなので技術力とは違う面になります。

サッカーの上手さはそれぞれある

少年サッカー上手な子が持っている上手さというのは、それぞれに違っています。

ボールを触ることに長けている場合もあれば、周りの状況を読む力に長けている場合もあります。

サッカーでは、様々な技術や判断力が求められますから、ドリブルがうまい子が少年サッカー上手な子であるとは限りません。

指導者としては、それぞれの子供が持っている長所をきちんと把握して、それを伸ばしながら力を発揮していけるような練習であったり、ポジションの配置を行うことが大切になってきます。

サッカーの上手な子の特徴

少年サッカー上手な子の特徴といえば、周りのことが人一倍見えていたり、ボールを他の子に取られないようなドリブルができていたり、相手にボールを取られないように体の使い方が上手であったりと色々な特徴があります。

少年サッカーであれば大抵はボールを蹴ることに精一杯であることが多いですが、少年サッカー上手な子というのは、周りのことがわかり、状況判断に優れていると言えます。

少年サッカーの頃はまだまだそういった状況を判断できる能力を持った子は他の子と違った空気感を持っています。

①周りが見える

少年サッカー上手な子は、周りのことがよく見えています。

こういった特徴がある選手は、なかなか少年サッカーの年代では見当たりません。

少年サッカーの頃では周りを見るのに、足元の技術に不安があるために下を向いて視野に入ってくる程度のことでなければ判断できないからです。

しかし、少年サッカー上手な子の特徴の一つとして、足元に余裕ができれば自然と周りを見ることができるようになっていますので、それだけプレーに余裕が出てきます。

そうなると、次の選択肢の幅が広がったり、新しいプレーにチャレンジすることができるようになり他の子と違ったプレースタイルを確立していくことができるようになってくるのです。

②ボールタッチの良さ

少年サッカー上手な子の特徴として、ボールタッチの良さがあげられます。

少年サッカーの頃は、ボールタッチを行っても下ばかり見てしまったり、滑らかな動きができなかったりするものです。

しかし、少年サッカー上手な子であれば、その時点ですでにボールタッチがなめらかであることが多いです。

ボールタッチは練習で培われていくものも多いですが、もともと持った才能で柔らかなタッチができる子も多々います。

そういった子はすでにボールを自由に操れますから、あまり型にはめずに自由にボールに触らせるほうが才能を伸ばしてあげることができます。

雰囲気でわかるサッカーの上手さ

少年サッカー上手な子というのは、雰囲気でわかるものです。

サッカーでは、ボールタッチが思うようにできる人ほど落ち着いた雰囲気を持っているものです。

少年サッカーでも余裕がある選手ほどそれなりの雰囲気がありますので、見た目にもわかるものです。

しかし、それは自分が中心的にプレーするためのエゴイスティックなものではなく、全ての判断ができていることが重要になってくるのです。

そういった選手は、ゲーム中でも大きな存在感を発揮してくれるのです。

こういった才能を伸ばしていくことや、練習によってこのような技術、能力を伸ばしていくことが指導者にとって何よりも重要なことになりますし大切なことになるのです。







失敗しないサッカー上達教材の選び方のご案内
試合で大活躍したい!」と思い毎日一生懸命練習している方や上達させたいと思う指導者や先生、親御さんに絶対に後悔しないオススメできるサッカー上達教材をランキング形式で紹介します。
教材通りに正しい練習法を実践すれば自己流で練習している人より最短距離で早く上達できます。よかったら試してみてください。

サッカー上達人気(DVD)教材ランキング