インフロントキックの蹴り方の3つのコツ

サッカーにおいて、インフロントキックを蹴ることは、とても便利な蹴り方になってきます。

インフロントキックは、当てる場所が同じでも、少しボールへの当てる角度を変えたり、足の振りを変えるだけで浮かしたり、グラウンダーのボールを蹴ったり、カーブをかけたり、様々な蹴り方のできるキックとして、多くの選手が使っているものです。

インフロントキックのコツは、それぞれによって違いますが、何度も蹴り練習を繰り返すことで、自分なりの蹴り方のコツを掴み、サッカーにおいてインフロントキック覚えることは、とても便利な技術になっています。

足をボールに当てる場所が同じでも、少しボールへの角度を変えたり、場所を変えるだけで、浮かしたり、カーブをかけて曲げたりすることでたくさんの自分のキックを蹴ることができるようになってきます。

使いやすいインフロントキック

インフロントキックは、非常に使い勝手の良いキックであります。

蹴り方は、インサイドとインステップの間で蹴るようなイメージですから、踏み込みが斜めに入ることができますので地面を蹴るような怖さがありません。

インフロントキックは、立ち足を斜めに入り、ボールに当てる場所やボールを蹴るインパクトの強さを変えるだけで、強いボールや、弱いボール、また、浮き玉やグラウンダーのボールなど、様々な種類のボールを蹴ることができるので、使い勝手はとても良くなってきます。

蹴り方のコツ

インフロントキックの蹴り方のコツとしては、つま先より少し足の甲に近い位置、そして、少しインサイドよりの位置でボールを蹴り出します。

その時に、ボールの真ん中を蹴ればライナー性のボールを蹴ることが出来ますし、少し下からすくい上げるようにすれば、ボールを浮かすことができます。

さらにボールを下から上に擦りあげるような蹴り方をすれば、シュートを打った時にドライブをかけて落とすようなボールを蹴ることも可能になるのです。

このように、一つの蹴り方でも同じモーションから少しやり方を変えるだけで、様々な質のボールを蹴ることができますので、インフロントキックは非常に使い勝手の良いキックと言えるのです。

①ボールを当てる位置

インフロントキックを上手く蹴るための蹴り方は、ボールを当てる位置にポイントがあります。

足の親指の付け根より少し内側で、インサイドの少しつま先より、それでいて足の甲に近い場所でボールの中心をしっかりと押し出すように蹴れば、ボールは勢いよく飛び出すので起動の良いボールを蹴ることができます。

これが、インフロントキックの最もオーソドックスな蹴り方になってきます。

この蹴り方ができるようになれば、その状態でボールの真ん中より少し下を蹴り出せば、滞空時間の長いボールを蹴ることができますし、真ん中を蹴る出すことでライナー性のボールを蹴ることもできます。

②足の降り

インフロントキックを蹴る上で次に大切になってくるのが、足の振り方になります。

ボールを蹴る時は、どのようなキックにでも言えることですが、腿から足を振り回すのではなく、膝下をコンパクトに素早く降り、その勢いをボールに伝えることがより強いキックを蹴るためのコツとなっています。

この蹴り方であれば、勢いをボールに正しく伝えることができますから、強いボールをコントロールよく蹴ることが可能になるのです。

それだけ、足の振りは重要であり、コンパクトな振りを心がけて練習を繰り返し、コツを掴むことで様々な距離や質の違ったボールを、一つの蹴り方で繰り出すことができるようになってきます。

足の当てる面をボールに対し平行に押し出せば、ライナー性のボールを蹴ることもできるようになります。

③軸足の位置

インフロントキックを蹴る時の蹴り方のコツとして、軸足の位置が重要になってきます。

軸足をしっかりと踏み込むことができれば、ボールに体重をしっかりと伝えることができますので、勢いのあるボールを蹴ることができますし、思った通りの場所へボールを飛ばすことができるようになっていきます。

インフロントキックは、斜めにボールに入ることが重要になります。

但し、斜めに入っても蹴りたい方向へつま先を向けておかなければ、ボールを思った場所へ蹴ることはできません。

踏み込んだ軸足の膝をしっかりと曲げて、一度沈み込むような状態から振りかぶってきた足を振り抜きます。

そうすることによって、勢いのあるボールを蹴ることができるのです。

これがインフロントキックを蹴る時のコツになってきます。

全ての状況で使えるキック

インフロントキックと言う蹴り方は、様々な状況で使うことのできる蹴り方と言えます。

インサイドキックであれば、遠くへ滞空時間の長いボールを蹴ろうとしても難しいものがありますが、インフロントキックは蹴り方のコツをつかめば、様々なボールを蹴ることができます。

つまり、一つの蹴り方で球種を変えることができますので、非常に使い勝手が良く、敵にもバレにくい蹴り方と言えるのです。

これは練習を繰り返すことによりコツを掴み、自分なりの踏み込み位置やボールに当てる場所、角度を理解していくことが大事になってきます。







失敗しないサッカー上達教材の選び方のご案内
試合で大活躍したい!」と思い毎日一生懸命練習している方や上達させたいと思う指導者や先生、親御さんに絶対に後悔しないオススメできるサッカー上達教材をランキング形式で紹介します。
教材通りに正しい練習法を実践すれば自己流で練習している人より最短距離で早く上達できます。よかったら試してみてください。

サッカー上達人気(DVD)教材ランキング