少年サッカーの初心者が行うべき3つの練習 

少年サッカーの頃のサッカー初心者は、いくつかの基礎的な技術を学ぶ必要があります。

基本的な技術が身につけば、それを応用して様々なプレイができるようになりますし、基礎技術を伸ばしていくことでも十分上手くなっていくことができるからです。

どんなことにおいても、基礎というのは重要になってきます。

これがおろそかであれば、プレー自体が雑になりますし、きちんとできていればどういったレベルの相手と試合をしたり、対面しても臆することなく自分の技術を発揮することができるのです。

スポンサーリンク
-victory.comレクタングル大

開く

ボールを蹴る喜び

少年サッカーでのサッカー初心者は、ボールを蹴ること自体に喜びを感じるものです。

ボールを蹴って前に転がったり、思いっきり蹴ることで気持ちがすっきりとするからです。

そういったボールを蹴ることに対する快感を維持することが、サッカーを楽しみ、上達していくためには重要なことと言えます。

ボールを蹴る喜びを忘れてしまっては、サッカーを上達することはできません。

初心者こそ難しいことを考えず、蹴る楽しみを感じたいがゆえに、様々な練習に没頭し、続けていくことができるからです。

そういった意味でも、ボールを蹴る喜びをサッカー初心者から失わせるようなことがあってはいけないのです。

初心者のするべきこと

サッカー初心者が行うべき練習としては、基礎練習が挙げられます。

インサイドキック、トラップ、ドリブル、この三つがある程度できてくればゲーム形式でも十分通用することができますし、チームの1ピースとしてはめ込むこともできるようになってきます。

ですから、サッカーの初心者が行うべきことは、基本の練習の徹底になります。

1人でできる練習方法としては、リフティングをしたり、壁に向かってボールを蹴ることです。

これだけでも繰り返し行っていくことで、十分基礎技術がついてきますし、足元のテクニックを上げることはできるのです。

①インサイドキックの練習

サッカー初心者が行うべき練習の一つ目としては、インサイドキックの練習があります。

インサイドキックは、ゴルフのパターの要領で足の内側、くるぶしの下側辺りでボールをまっすぐに蹴り出し、ボールを転がしながら思った場所にパスする方法です。

このインサイドキックが精度よく強いボールで蹴ることができれば、たくさんの選択肢が増えますので、サッカー初心者であれば、一人で壁に向かって蹴ったり、味方とキック練習をするのに向かい合って行うことで少しずつキックの精度とスピードを養って、実戦で使えるようなものにしていくことが重要な方法となります。

②トラップの練習

サッカー初心者が行うべき二つ目の練習としては、トラップの練習があります。

トラップは、サッカーにおいてボールを止める技術ですから、ボールが止められなければ次の行動に移すことができないからです。

そのための練習方法としては、向かい合って一人の人にボールを投げてもらい、それをインサイドで返したり、ツータッチで返したり、ももでトラップを入れて返したり、様々なやり方で相手にボールを返していく中でボールタッチの技術としてトラップを磨いていくことが重要になっていきます。

③ドリブルの練習

サッカー初心者がすべき基本的な練習の三つ目として、ドリブルがあります。

ドリブルというスキルは、自分でボールを前に運んでいく技術ですから、これが上手くなればボールを離さずに運んで行くことができます。

また、状況を見極め、1対1の状態であれば積極的に相手を抜きにかかることで、抜くことができれば数的有利な状況を作り出すことができるのです。

そのためのドリブルの練習としては、まずはボールを転がし前に進むこと、その後、コーンなどの障害物を並べ、それを避けながら進んでいく練習をすることが大切になっています。

基本を徹底することが大切

少年サッカーで初心者であれば、全てのことをスポンジのように吸収できる時と言えます。

初心者は、適当な蹴り方になっていたり、基本のやり方を知らないことが多いですから、こういった時期に基本をきちんと教えてあげることができれば、基礎技術が向上し、練習も楽しくなってくるのです。

少年サッカーの頃は、まだまだ吸収がしやすい時期ですから、初心者であるほどにきちんとした技術を身につけさせてあげることが、今後のその選手の歩む道を決めるようになりかねませんので、正しい技術を学ばせてあげることが重要になってきます。

スポンサーリンク
-victory.comレクタングル大

-victory.comレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする